Daily Archives: 2014年12月8日

山田富士公園の池には、鯉、黒メダカ、クチボソ、川エビ、ナマズ、亀などがいます。かつては野鳥も集まり、 カワセミも来ていましたが蓮が池の半分くらいを占めるようになると、池がヘドロ化し、悪臭を放つようになると ともに野鳥は来なくなりました。このたび、平成26年12月1日~9日、下掲のように蓮の根の撤去を行いました。 蓮の根の撤去と言っても、ヘドロと一緒にからみついているので、延べ80人を超す方々が文字通りにヘドロまみ れになって撤去してくれました。都筑土木事務所の人に聞きますと、経費(外注費)削減の為、その作業はほと んど土木事務所の若い職員総動員で遂行したとのことです。真冬並みの寒波がきている中、本当にお疲れさまで した。ありがとうございます。外注すれば500万円レベルの工事を最少の100万円くらいに抑えてくれたのではな いかと思います。また、蓮を放置し6年前の「菊名池」と同じように池が蓮で埋めつくされれば撤去費は数千万 円のレベルになったと思います。蓮はその一部を残し、大型ポットに移植してくれました。都筑土木事務所の方 々に感謝申し上げます。実際に泥まみれも辞さず、蓮の根撤去作業を一緒になって行ってくれた山田富士公園愛 護会 栗原紘二会長にも感謝いたします。これで、昨年9月から、当会として、池の生物と蓮の共存を要望し ていたことが実現できました。(注:蓮は、真水のようなきれいな水では小さな花しか咲かせません。ものすごく 汚い泥水ですと大輪を咲かせます。「蓮は泥より出でて泥に染まらず」(儒学者・周茂叔の『愛蓮説』の一節) なので、それ故、仏教と蓮は密に関係しています)尚、12月6日(土)、北山田駅交番横のナイス住まいの情報館で 毎日の朝イチを行いました。